やりたいことをやろう

インターネット広告代理店勤務。旅行、チェロ、美術館、読書、ウィーンフィルが好き。

【旅】台湾に行こう2015④ 3日目

■迪化街 (てきかがい) ホテルから徒歩で15分ほどの問屋街✳︎画像はお借りしました 孤独のグルメで五郎さんが、食べていたお店もあった。 日曜日はお休みの店も多いようなので平日に行った方がいいのかも。 永楽市場も行ったけど、両親にはあまり響かなかっ…

【旅】台湾に行こう 2015③ 2日目

■朝食 今回はホテルの朝食をつけてみた。 日本と同じように見えてもやっぱり味付けが少しずつ違う。 台湾は朝食も安く食べられるところが多いので、わざわざホテルの朝食付きにしなくてもよかったかも。 ■国立故宮博物院 ホテルからタクシーで向かった。250…

【旅】台湾に行こう2015② 1日目

両親と2泊3日で台湾に行ってきた。 ■出発前 飛行機が機体の手配がつかないという理由で40分遅延。 現地でランチしようと思ったけれども諦めた。 羽田空港内のフードコートを見つけて 以前から気になっていた六厘車のつけ麺を朝から食べる。 ■松山空港に到…

【旅】台湾に行こう2015① 事前準備

2度目の台湾旅行。 今回は勝間和代さんのマナベルに影響されて 事前に台湾について調べてみた。 ▼基礎データ 外務省のHPには各国の基本情報がまとめられている 台湾基礎データ | 外務省 最近の日台関係と台湾情勢 http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taiwan/…

【本】街道をゆく 台湾紀行

司馬遼太郎先生がマナベルすると、こんな大作になるのかと圧倒された。 登場人物も多いし、何と言っても李登輝元総統に2回も会っておられる。 本書の最後にご本人が書いているが、この旅行にあたり各時代の本を読みあさっただけでなく、学校の会報や自費出版…

【本】あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか

今年読んだ本の中で、よかったものをあげてと言われたらこの本も入れると思う。 早く考え抜く力を身につければ、知的下剋上をおこせると言うことが書かれている。 今年は、ちきりんさんの「自分のあたまで考えよう」が私の中では大当たりしていて、ブログの…

【本】社内プレゼンの資料作成術

ソフトバンクで孫正義社長に数々のプレゼンを行ってきた著者が、資料作成術を分かりやすくまとめた本。 今私が取り組んでいるプロジェクトは、他部署も巻き込んで大勢の人たちを動かさなければならならず、各部長に体制の相談をする機会が増えている。 時間…

【セミナー】決めるってどんなこと

三谷宏治さんのセミナーに参加した。改めて、決めるとはどんなことなのか、どうやって進めたらいいのか勉強になった。-------------------------------▼エッセンス-------------------------------まずはワークもし飛行機が冬のカナダの山岳地帯に墜落したら…

【音楽】こんな弾き方みたことない!

友だちが教えてくれた動画。ウィーンフィルのチェリスト(全員ではないかも)が、一本のチェロでラヴェルのボレロを弾くというもの。こんな弾き方初めてみた音がきれい〜ちゃんとアンサンブルとして成り立っているチェロは低い音から高い音まで出せるから、…

【TV】あさが来た

NHKの朝ドラ「あさが来た」が面白い 幕末から大正時代、女性が働くことが一般的でなかった時代に、銀行、生命保険会社を経営、女子大学を設立した、女性起業家の広岡浅子さんがモデルに描かれている。 ドラマの中でいいなと思ったセリフをメモ。 ・ごもっと…

【本】人生が思い通りになる37歳からの仕事と恋愛の教科書

土井英司さんのメルマガで紹介されていた本。 このままバリバリ働き続ける人生になるかもしれないと思ったら、もうすぐ突入する30代をどう過ごせばいいのかヒントが書いてありそうで読んでみた。 ---------------------------------------------------------…

【セミナー】ブログで人生を変える!

先週の土曜は、ちゅうつねカレッジのセミナーだった。 今月のテーマは、「ブログで人生を変える!」 講師は、10年間ブログを更新し続けている、はあちゅうさん。 手法論だけでなく、マインドや具体例が散りばめられていて、モチベーションがあがった。 ーー…

【TV】孤独のグルメ

TV

台湾のお店が紹介されていた。五郎さんは本当に美味しそうに食べる。言葉も面白い。-----------------------------------------------台湾注入しますおー、いいじゃないか、いいじゃないかそのやわらかさに拍手喝采攻略胃袋、大喝采ここに来て大正解だったい…

【本】武器としての書く技術

プロブロガーとして活躍しているイケダハヤトさんの本。 並ではない努力の積み重ねで、今に至っているのだということが分かった。 読まれるための文章の書き方や、収入を得るためのテクニックが中心だが、私としては、書くための気持ちを鼓舞してくれる文章…

【音楽】世界最高レベルのエンターテイナー

プロ中のプロのパフォーマンスは、その分野に興味のなかった人の心も掴める。先日聴いた、ザ・フィルハーモニクスのコンサートはそういうものだったと思う。The Philharmonicsウィーンフィルとベルリンフィルのメンバーが主体となって結成されているアンサン…

【本】勝間和代の学び旅「マナベル」

マナベルとは、勝間さんが作った「学び」+「トラベル」を掛け合わせた言葉。 この本は、勝間さんがオーストラリアで体験したマナベルについて書かれている。 ただ観光するだけではなく、その国の歴史や経済、社会を調べ、日本と比較してみると学びを深めら…

ちゅうつねカレッジ

今日は、私が参加しているオンラインサロンについて書きたいと思う。 ちゅうつねカレッジは、Colors社長 経沢香保子さんと、ブロガー・作家のはあちゅうさんが運営している会員制のオンラインサロン。 Synapse(シナプス) - ちゅうつねカレッジ facebookの非…

【本】青い目のヴァイオリニストとの結婚

ウィーンフィル、コンサートマスター、ライナーキュッヒルさんの奥様、真知子さんの本を読んだ。 ウィーンフィルは、10年前初めて演奏を聴いてから、すっかり虜になってしまった世界で一番好きな楽団。 数年前、コンマスの奥様が日本人だと聞いて、とても驚…

彼らは今どこに…

Facebookのおかげで大好きなウィーンフィルがどこで演奏をしているのか分かる。実際に彼らの演奏を聴けるのは1年に一回だけだけど、こうしてfacebookを通じて彼らの活動を追っていると、いつも身近にいるような気持ちになる。今年は日本公演の後、韓国→台湾→…

【音楽】100万人のクラシックライブ

お誘いいただいて行ってきた。100万人のクラシックライブクラシック音楽の魅力を一人でも多くの人に伝えるための活動。主催者の蓑田さんは、もともとクラシックに全く縁がなかったが、ある時バイオリンの演奏を至近距離で聴いて心が震える感動を味わい、100…

嬉しかった

表彰のご褒美ディナーだった 新組織になって初めての表彰で選ばれた事は、2回目以降よりも意義のあることだったと思う 偉い人との飲み会はずっと苦手だったのだけど、 機が熟せばこういう場でも自分のやりたいことを伝えられるようになるのだと知った 実績を…

代理、役目を果たさず

今日、先輩が急な体調不良で、急遽、社内向け説明会のスピーカーをした。 結果、惨敗… 悔しいので、振り返っておきたい。 ・人の作成した資料をぶっつけ本番で説明会するのは、相当難易度が高い。 重複があったり、話の流れよく分からず。 →少なくとも事前に…

新聞週間

ご近所も 世界も見える 紙面から(第68回新聞週間代表標語)今週は新聞週間らしい。読売新聞に林真理子さんの記事が載っていた。新聞は、一貫性、関心が広がるという意見に共感。私は、毎日欠かさず読んでいるかというと、恥ずかしながらそうではないけれど…