やりたいことをやろう

インターネット広告代理店勤務。旅行、チェロ、美術館、読書、ウィーンフィルが好き。

新聞週間


ご近所も 世界も見える 紙面から
(第68回新聞週間代表標語)

今週は新聞週間らしい。

読売新聞に林真理子さんの記事が載っていた。
新聞は、一貫性、関心が広がるという意見に共感。

私は、毎日欠かさず読んでいるかというと、恥ずかしながらそうではないけれど、新聞は様々な分野の記事がまんべんなく載っていて、知識の幅を広げられると思っている。
もともと関心のなかったことでも、見出しが目に入って読んでみると、学びがあったりする。

今日、新たに知ったことは、ヨーロッパの軽減税率の話。
ヨーロッパでは、食料品や新聞は税率が低いという。
f:id:mybigapple:20151012203616j:image

新聞をはじめとする活字文化は、「思索のための食料」という考え方に基づくらしい。
なんか素敵な考え方。

北欧は、税金が高いというイメージがあったけれど、フランスやイタリアも標準税率が20%をこえている。そして新聞の税率はかなり低い。

こういうやり方もあるのね。
というか、何でもかんでも税率が同じ日本の方が不思議なのかも。