やりたいことをやろう

インターネット広告代理店勤務。旅行、チェロ、美術館、読書、ウィーンフィルが好き。

【本】NY流30秒で 美人 と思わせる55のルール

ビューティー系の本はほとんど読まないのだが、オンラインサロンの方がおすすめしていたので読んでみた。

外見だけでなく、内面も美人になるためのアドバイスが書かれてて勉強になった。

 

▼ポイント

アメリカでは、「見た目がだらしない人は中身もだらしない」と考える。

 

コミュニケーション上手になるには、まず褒める。

相手が努力しているポイントを褒めるとさらによい。

 

褒められたら「そんなことないよ」と否定しない

→これ照れ隠しで言ってしまうので気をつけなきゃ

 

売れる営業マンは、全員例外なく聞き上手

 

相手の話をきいていることを、表情でも表現する

 

力をこめずに握手をするということは、

自信がないと思われることであり、

相手のことを嫌いだと思われても仕方のないこと。相手の目をみて、しっかりにぎる。

→知らなかった。調べたらヨーロッパも同じらしい。

 

話す際、常にゆったりしたスピードを保ち続けるのは、ビジネスの場ではNGです。

→確かに営業やコンサルと話す時は少し早めに話しているかも。

 

ファーストネームは相手との距離を縮める魔法の言葉

→以前は後輩に対しても○○さんと呼んでいたのだけど、去年からファーストネーム、もしくはあだ名で呼ぶようにしたら効果がある気がしている。

 別の本にも、この方法は女性に効くと書かれていたな。

 

オーラを出す人になるためには、一流の人が集う場所に行くことです

 

人間の中身はおもしろいぐらい顔にでる

→人相ってあるよな。。顔つきというか。

 笑顔が素敵な人は、たいてい性格も素敵。

 何か企んでいそうな顔の人は、本当に企んでいることが多い。

 

ポジティブな人にはポジティブな人が寄ってきます

→確かにネガティブな人には近寄りたくない

 

運気が上がる第一条件は「自分を愛すること」

 

もっとわがままに自分の心が楽しいと思うことをしてみる。

苦しいことを頑張っていることだと思い込まない。

→そうだ!そうだ!

 

同僚・同業者をつるまなければ嫉妬心は生まれません

→これ自分で7年実験した結果と一致している。

 変な足の引っぱりあいに巻き込まれず、我が道で働くにはおすすめ。

 同僚とかとつるむ実験はしていないから、比較はできないのだけど。

 

ネガティブな感情で、環境やご縁を手放しても、決してよい運気は入ってきません

→辛いときに会社を辞めなかったから、今があると思ってる。

 心が病気になるぐらいなら逃げてもいいと思うけど。

 

迷ったらワクワクするほうを選ぶ

→はい。そうします。


「ぶれない芯」と「いくつもの顔」で女性は美しくなる

→色んな顔を持つの楽しい。

 以前は顔を一つに統一しなきゃって思っていたからきつかった。