やりたいことをやろう

インターネット広告代理店勤務。旅行、チェロ、美術館、読書、ウィーンフィルが好き。

【本】武器としての書く技術

プロブロガーとして活躍しているイケダハヤトさんの本。

 
並ではない努力の積み重ねで、今に至っているのだということが分かった。
 
読まれるための文章の書き方や、収入を得るためのテクニックが中心だが、私としては、書くための気持ちを鼓舞してくれる文章が散りばめられていて、やる気がわいた。
 
-------------------------
▼本文抜粋
-------------------------
「発表 」というプロセスが重要だということです 。よほどでない限りは 、誰も見ないところで書き続けていては 、文章はうまくなりません 。他人の目にさらされることが重要なのです 。
 
優れた物書きは 、世の中の割り切れなさに延々と向き合い 、自分なりの答えを見つけつつも 、断定的に語ってしまう自分に違和感を抱き続ける人
 
あなたというフィルタ ーを通して出てきたものを書こう
 
とにかく書き続けること 、これがもっとも大切で 、もっとも難しいことです 。もうこればかりは楽な道はないと 、ぜひとも肝に銘じておきましょう 。
 
ブログというのは 、組織の外の人たちに 、自分が何者であるかを知らせる最良のツ ール
 
あなたがどんな仕事をしているのであれ 、ブログで情報発信をすることは可能です 。ポイントは 「同業者や顧客の役に立つ情報 」を発信することです 。
 
書くことで道は開ける
 
まずは 「備忘録 」でもいいから書いてみよう
備忘録を書くときに 、意識しておきたいのは 「自分の意見 」も同時に記録しておくことです
 
シロウトの意見や疑問点はそれだけで価値がある
 
まずは騙されたと思って 、 「備忘録 +意見 ・疑問点 」という構成のブログを書き始めてみてください
 
アウトプットすることで記憶力は高まる
 
書くことはストレスマネジメントになる
 
ブログを書くことの目的は 、自分のなかの 「わがまま 」に火をつける 、といってもいいでしょう
 
誰でも 、何歳からでも 、人生を好転させることができる方法 。それが 「書く 」ということなのです 。
-------------------------
 
とにかく書き続けることが大事!
 

 

 

 

武器としての書く技術 (中経出版)

武器としての書く技術 (中経出版)